乳酸菌

健康食品の乳酸菌、その知られざるパワーとは → 健康食品の乳酸菌、その知られざるパワーとは

健康食品の乳酸菌、その知られざるパワーとは

ヨーグルトや飲料、錠剤など様々な健康食品として加工され、昔から多くの人に愛されてきた乳酸菌。

その中でも多くの健康食品は、「便秘解消」「お腹の健康を守る」といった謳い文句がセットになって販売されていることが多く、ほとんどの人は乳酸菌を含む健康食品=整腸作用というイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、実はこのような健康食品には、整腸作用以外にも様々な健康効果が期待されています。そのうち、代表的なものが免疫力向上、ガン予防、アトピー解消、美肌効果、花粉症緩和といった効果です。これらの多くは乳酸菌を含む健康食品を摂取することによって腸内の環境が改善されることによる付随作用であるともされています。

腸内には100兆個以上の最近が住んでおり、そのうち善玉菌と悪玉菌という2つの菌に分けられます。善玉菌には多くの健康食品にも利用されているビフィズス菌など様々な種類のものがあり、腸内を酸性にして外部からの入ってくる菌を殺し、腸内を健康な状態に保ってくれます。

一方で悪玉菌というのは腸内の食べ物の残りかすを腐敗させて悪臭のあるガスを発生させたり、また体にとって有害な物質を生み出して腸内環境および健康に悪影響を及ぼします。腸内環境とガン、特に大腸ガンが深い関係があるとされるのは、腸内の悪玉菌の増加によって発ガン物質を発生させるためです。

また悪玉菌の増加で便秘が引き起こされるとそれに伴い肌荒れも引き起こされるなど、悪玉菌の増加は体内に非常に多くの悪影響を与えることになります。悪玉菌は動物性たんぱく質やコレステロールを多く含む肉類などの食べ過ぎによって増えると言われており、外食が多いといった食生活の乱れが関係しています。

善玉菌はこれらの悪玉菌を食べて腸内を正常な状態に保つ働きをしますので、腸内環境の改善及びそれに付随する症状を改善するためには、日頃から健康食品など積極的に利用して乳酸菌を摂取して腸内の善玉菌を増やすよう心がけねばなりません。

腸内の環境が整えられることで、腸内の免疫細胞の過剰反応によって起きる花粉症といった症状の改善にも効果も期待されおり、腸内環境は整腸以外にも体内のあらゆる健康状態に関わりがあると言うことができます。日々の健康のために、毎日習慣的に乳酸菌を摂取することが推奨されますが、摂取する際には一つ注意すべき点があります。

それは菌を腸まで生きた状態で届かせることです。乳酸菌は消化の過程で胃酸によって多くが殺されてしまうため、摂取する際は菌が腸まで生きた状態で届くように加工されている健康食品などを選びましょう。